頭皮ニキビがあったらカラーはNG?

頭皮湿疹は頭皮に刺激を与えてはいけないといわれています。

頭皮に刺激を与えてしまうことで、皮脂が過剰に分泌され、頭皮湿疹を悪化させてしまう恐れがあるからです。

では、頭皮湿疹がある状態で、美容院などでカラーリングをしても大丈夫なのでしょうか?

●ヘアカラーと頭皮湿疹の関係

みなさん、定期的に美容院へ通っていると思いますが、頭皮湿疹がある時にヘアカラーをしてしまうと、頭皮に刺激を与えることになりますので、頭皮環境は悪くなってしまいます。

頭皮はわたしたちの身体の皮膚の中でも、とても繊細で、大変浸透力が高い部分になります。

ヘアカラーを経験したことのある方はお分かりになるかもしれませんが、たとえ頭皮湿疹があらわれていない状態でヘアカラーをしても、薬剤が目に沁みたり、頭皮に刺激を感じることがあるはずです。

つまり、頭皮湿疹がある状態でヘアカラーをすれば、更に頭皮にダメージを与えてしまうことになるんです。

頭皮湿疹はあるけれど、どうしてもヘアカラーをしたい!という方は、一度、美容院へどんな薬剤を使用しているか問い合わせしてみるとよいでしょう。

一般的なヘアカラーの薬剤は化学薬剤になりますが、最近ではこの化学薬剤を使わないヘアカラーもあるようです。

一番大切なのは、頭皮の環境を一日でも早く整え、頭皮湿疹を解消することです。

ヘアカラーで頭皮にダメージを与えてしまっては、頭皮湿疹を治すことは遠くなってしまいますから、まずは頭皮湿疹の完治を目指してください。

●頭皮湿疹の状態でヘアカラーをしていいのか

頭皮湿疹でお悩みの方の中には、どうしてもヘアカラーをしたい!という方が少なくないと思います。

しかし、頭皮湿疹がすでにあらわれているということは、頭皮の環境は悪くなっていると考えてください。

頭皮湿疹があらわれていない状態でヘアカラーをしても、頭皮に刺激を感じたことはありませんか?

頭皮湿疹がある状態で同じことをすれば、更に刺激を感じてしまうことになります。

美容院でヘアカラーをする際に、美容師さんが手袋をしていませんか?

また、自宅でセルフヘアカラーをするときも、セットの中に手袋が入っている時があります。

つまり、ヘアカラーの薬剤自体が、皮膚に刺激を与えるものなんです。

自分でヘアカラーをしたり、白髪染めをしたりすると、シャンプーでなかなかヘアカラーが落ちにく時があります。

こんな時も、しっかりとヘアカラーを洗い流し、頭皮に薬剤が残らないように心がけてください。

頭皮湿疹がある状態でのヘアカラーはおすすめできません。